ビジネスの場面での初対面の時の挨拶は、その仕事のファーストインプレッションに繋がる重要となるエレメントですので、自然に英語で挨拶する時のポイントを何はともあれ習得しましょう!
何よりもまず直訳はやらないようにし、欧米流の表現を倣う。日本語の思考法でそれらしい文章を作らないこと。日常的な言い回しであれば、その分日本語の単語を単純に置換しても、ナチュラルな英語にならない。
英語のスピーキングは、初心者にとっては英語の会話においてしばしば使用される、標準となる口語文を系統的に重ねて訓練して、単なる記憶ではなく自ずから言葉として発音されるようにするのがかなり有効とのことです。
暗記によってその時は何とかなるかもしれませんが、何年たっても英文法そのものは、会得できない。そんなことより理解ができて、全体を構築できる英語力を養うことが大事なことなのです。
「英会話のできる国に行く」とか「外国人と友達になる」とか「英語で会話している映画や、歌詞が英語である音楽やニュースを英語のまま聴く」といったアプローチがありますが、何をおいても基本の単語を2000個程度はそらんじることです。

アメリカの民間企業のお客様コールセンターの主だったものは、ほんとうはフィリピンに設けられているのですが、電話中の米国人は、先方がフィリピン人だとはちっとも知りません。
一般的に英会話では、聞き取る能力と英語をしゃべるという事は、決められた状況に限定されて良い筈もなく、あらゆる要素を包括できるものでなければならない。
評判の「30日間英語脳育成プログラム」は、聴覚に入った言葉を会話してみて、度々繰り返し学びます。そのようにすることにより、英語リスニングの成績がとてもアップするのです。
35年間で37万人が実践した【七田式】を進化させた最新メソッド ⇒ 七田式 英語教材 7+English
英語で読んでいく訓練と単語の習得、ふたつの学習を併せてやるような生半可なことをしないで、単語を勉強するなら本当に単語のみを一息に覚えてしまうのがよいだろう。
英語に親しんできたら、頭で考えながら文法的に変換しようとしないで、イメージを思い浮かべるように、努力してみてください。勝手がわかってくると、会話するのも読むのも、短くすることができるようになります。速くなるでしょう。

いったいどうして日本の人は、英語で言う「Get up」や「Sit down」という言葉を、2語に分けて「ゲット・アップ」や「シット・ダウン」などと発音しているのでしょうか?こういう語句は「ゲラッ(プ)」「セダン」と発する方がよい。
いわゆる英会話では、ともかくグラマーやワードを学習することが必須だが、まず最初に英語を話すことの目標を着実に据えて、意識することなく作ってしまっている、精神的障壁を外すことがとても大切なことなのです。
なるべく多くの慣用句というものを覚え込むことは、英語力を底上げする最高の学習のやり方であり、元来英語を話している人たちは、実際的にしきりと定番フレーズを使います。
有名なニコニコ動画では、勉強の為の英会話の動画の他にも、日本語のフレーズ、普段の生活で用いる文言を、英語だとどんな表現になるのかを集約した映像がアップされている。
気に留めずに聞いているだけの英会話シャワーだけでは、聞き取り能力は上がらないのです。聞き取る力を成長させるためには、つまるところ徹頭徹尾声に出して読むことと発音の訓練が必要なのです。